ニキビによる頑固な肌荒れはクリニックで治療をしよう

様々な状態があります

笑顔の女の人

発生するメカニズムを知る

ニキビの治療には、発生するメカニズムを知ることが大切です。ニキビの発生には、皮脂腺から分泌される皮脂が大きく関係しています。皮脂腺は毛穴の中に開口していますから、通常は毛穴から流れ出し皮膚全体を覆っています。しかし、毛穴の出口になっている部分の皮膚に角質化が起こると、毛穴が塞がり皮脂は出口を失って毛穴の中に溜まっていくことになります。ここにアクネ菌が増殖することで白ニキビという状態になります。皮膚に角質化が起こるのは、紫外線や寝不足、そしてストレス等が影響していると考えられています。また、毛穴の中に化膿菌が感染すると化膿を起こして赤ニキビになり、皮脂の酸化や色素が沈着することで黒ニキビになります。さらに、潰してしまうことでニキビ跡になって残る場合があります。

状態で治し方が異なる

ニキビには様々な状態があることをお分かりいただけたことでしょう。そしてその状態で治療法が異なってきます。初期の状態の白ニキビや色素沈着等で黒くなってしまったものでは、皮膚の角質化を落とし皮脂詰まりを洗い流すことが重要になります。化膿してしまった場合には、抗生物質を用いて治療することになります。そしてニキビ跡として残ってしまった場合には、化粧品である程度目立たなくすることができますが、もっと根本的に治療するためには美容外科クリニックで施術してもらう必要があります。美容外科クリニックで施術を受ける場合は、信頼できる医師がいる美容外科クリニックを探すことが重要になりますから、口コミ情報サイト等を参考にすると良いでしょう。